さて今日は、3カ月前にオンラインで開催された「日本ジュニア・ギターコンクール」(小学校低学年の部門)で沖縄から見事、全国1位に輝いた小学生ギタリストをご紹介します。

小学2年生の半澤(はんざわ)ハナさん。お父さんでプロのギタリストでもあるノエル ビリングスリーさんから毎日、直接レッスンを受けています。

ノエルさんのギター教室で一生懸命にギターを弾いている子ども達。「あいみょん」などの人気シンガーソングライターの影響もあって、いま子どもから大人までアコースティックギターがちょっとしたブームになっているんです。

ギター教室の女子生徒「あいみょん好き!弾き語りできるの格好いいなって。もともと音楽が好きでお父さんがギターをやってたので(ノエル先生のレッスンは)わかりやすくて上達しそうな気がします」

ギター教室の男子生徒「(ギターは)むずかしい、手が痛い。プロになるくらいまでやりたい」

ハナさんがギターを始めたのは3歳の頃。2人の合言葉は「1日1時間」。15~20分の練習を1日平均4回行います。その1時間は2人にとって、かけがえのない「絆」の時間です。

ノエルさん「子どもだからもっと楽しいことがギター以外にもあると思うんですけど、好きなこと沢山あるけど、その中でもちゃんとギターは自分のしなきゃいけないことって、意識があるのかな?」

ハナさん「(練習が辛いなと思ったことは?)たまにある。(サボらないのは?)ギターがうまくなりたいから」

二人三脚で獲得した日本一の座。そんなハナさんが今日、その腕前を披露してくれます!

日本一のギター小学生