高齢者へのワクチン接種を加速化させようと、県が設置した広域ワクチン接種センターでの接種が始まりました。

広域ワクチン接種センターは、高齢者へのワクチン接種の補完と加速化のため県が設置したもので、6月15日は沖縄コンベンションセンターでの接種が始りました。

広域ワクチン接種センターは平日が最大500人、休日は1000人の接種が可能で、初日の6月15日はキャンセルも発生しましたが450人が接種を受けました。

接種を終えた人は「ほっとしている。外に少し出られるかなと。ずっと巣ごもり状態だったので」と話しました。

また別の接種を終えた人は「(感染の)リスクが低くなりますからね、早ければ早いほど」と話しました。

県立武道館の今月の予約枠は埋まっていますが、コンベンションセンターは6月16日時点で62.1%にとどまっています。

沖縄の広域ワクチン接種センターでワクチン接種開始