那覇市は、情報通信技術を活用した住民異動届の受付支援システムを、4日から県内で初めて導入しました。

このシステムは、転出、転入などの住民異動届を電子的に作成することで、情報記入の簡素化を図るものです。

これによって、国民健康保険や児童手当など、17種類の異動に伴う手続きも自動で作成され、手書きによる負担が軽減されます。

那覇市では、年間の住民異動の受付件数が4万7000件以上、それに関連する紙保存が9万4000件以上あり、このシステムの導入で、データを保存し、事務の効率化や時間の短縮を見込んでいます。

那覇市が住民異動受付支援システム導入