うるま市の郵便局で14日、強盗を想定した対処訓練が行なわれました。訓練は、郵便局に刃物のようなものを持った男が押し入り、現場に居合わせた客のカバンを奪い逃走したという想定で行われました。

局員は強盗犯への対応を引き延ばしている間に非常ベルを作動させたり、警察へ犯人の服装や年齢などの特徴を伝えるといった動きを確認していました。

天願簡易郵便局の安村司局長は「防犯に対する取り組みを支社とともに行いながら強盗犯に狙われにくい郵便局を作っていきたい」と話していました。

局員らは警察官の指摘を聞きながら対応の仕方を確認していました。

郵便局で強盗事件対処訓練