自民党県連は15日に会見を開き、復党願を提出していた下地幹郎氏の復党を認めない方針を決めたと発表。自民党県連の島袋大幹事長は「下地幹郎氏の復党は認められないということで組織決定いたしました」と述べました。

下地幹郎氏をめぐっては10月末に次期衆院選も見据え、下地氏が自民党に対し復党願を提出。さらに経済界の一部からはオール沖縄勢力に対抗するための「保守合同」を実現するため、下地氏の復党を求める声があがっている一方で、自民党内部からは復党に反発する意見も出ていました。

自民党県連は15日に役員会や常任総務会を開き、対応を協議した結果、3人の国会議員が復党に反対していることなどから、復党を認めない方針を決定しました。

県連は近日中に党本部や下地氏本人に今回の決定を報告する予定です。

自民党県連 下地幹郎氏の復党を認めない方針を決定