台風14号は日本の南の海上を西北西に進んでいて、8日には強い勢力で大東島地方に接近する見込みです。

気象庁によりますと、台風14号は、7日午前9時には日本の南の海上を1時間におよそ15キロの速さで西北西へ進んでいます。中心の気圧は975ヘクトパスカル、中心付近の最大風速は30メートル、最大瞬間風速は45メートルで、中心から半径55キロ以内では風速25メートル以上の暴風となっています。

渡嘉敷翔太記者「こちら南大東島では、台風の接近に伴い、風が徐々に強さを増していて、海は波が高くなり、荒れ模様となっています」

台風14号は、今夜遅くには強い台風になる見込みで、8日朝には大東島地方が暴風域に入る恐れがあります。十分警戒してください。

台風14号 あす強い勢力で大東島地方に接近