開会中の県議会9月議会で、新型コロナ対策を進めるため県が提出していたおよそ104億円の一般会計補正予算が可決されました。

県議会9月議会では9月24日午前、県が新型コロナ対策のために計上していた103億9460万円の補正予算が全会一致で可決されました。

県は売り上げが落ちた事業者などに支給される国の雇用調整助成金に上乗せする支援策やPCR検査の強化、コールセンターを継続する他、無症状者や症状が軽い人が療養できる宿泊施設の借り上げや保育所や児童クラブでの感染防止対策なども行う方針です。

県議会では9月24日と9月25日に代表質問が行われ、辺野古新基地建設問題や経済振興などについて議論が繰り広げられます。

県議会 コロナ対策で104億円の補正予算を可決