20日から始まった動物愛護週間に合わせ、子どもたちがデザインしたチャリティーエコバッグが限定販売されます。

このチャリティーエコバッグは、那覇市と動物愛護団体、企業が共同ですすめている人と動物が幸せに暮らせる社会を目指す、「ハッピーワンニャンプロジェクト」の一環で製作されたものです。デザインを担当したのは、「わんにゃんレスキュー壺屋小」の児童5人です。

製作した児童「このバッグは、人間と動物たちが仲良く暮らして、幸せに生きていくっていうのをイメージしました」「私たちの活動も知ってほしいし、動物とペットを大切にする心も忘れないでほしいです」

チャリティーエコバッグは、那覇市役所やペットボックス各店で限定500枚販売され、売り上げは、保護された犬や猫のエサ代や治療費などに役立てられます。

動物愛護週間 チャリティーエコバッグを販売