次期衆議院選挙に向け、オール沖縄は9月20日、元那覇市議会議長で政策集団「にぬふぁぶし」の金城徹共同代表へ出馬を要請しました。

オール沖縄の選考委員会は9月20日、次期衆院選沖縄4区の候補者として、元那覇市議会議長で政策集団「にぬふぁぶし」共同代表の金城徹さんに出馬を要請しました。

選考会は、金城さんが翁長雄志前知事と政治行動を共にし、保守・中道枠である4区にふさわしいことなどを理由に、全会一致で擁立を決めたということです。

金城徹さん「どの選挙区もすべてのオール沖縄勢力が結集して戦ってきた経緯があります。前向きに検討させていただきたい」

金城さんは要請を受け入れる考えを示し、「にぬふぁぶし」や関係者に確認した上で、後日、正式に表明すると述べました。

次期衆院選 オール沖縄が金城氏に出馬要請