4月に普天間基地から泡消火剤が基地の外に流れ出た事故について、防衛省は、格納庫でアメリカ海兵隊員がバーベキューをしたため、防火システムが作動したことが原因だったというアメリカ軍の調査結果を公表しました。

4月、普天間基地から有害な有機フッ素化合物PFOSなどを含む泡消火剤が基地の外に流れ出ました。

防衛省によると、格納庫には新型コロナウイルス対策として海外展開を控えた海兵隊員が隔離されていました。4月10日の午後、隊員らが士気高揚のため、格納庫からおよそ3メートルから6メートルの距離でバーベキューをし、この熱で消火システムが作動。隊員らは消火システムを停止させる方法がわからず、システムは28分間、作動し続けたということです。

その結果、水で薄められた泡消火剤など、およそ23万リットルが格納庫の外に漏れ出ました。

泡消火剤流出 原因は米海兵隊員のバーベキュー