県独自の緊急事態宣言の期限が8月5日に迫る中県は8月4日に対策本部会議を開く予定で、その中で宣言を解除するか検討することにしています。

富川副知事「あした会議がありますから会議で検討しないと。データをそろえてからしか判断できないので」

県は8月4日の対策本部会議で緊急事態宣言を終了するのかどうかを検討することにしています。県独自の緊急事態宣言は旧盆で親族が集まる機会が多くなるため重症化しやすい高齢者などへの感染を防ごうと9月5日まで延長されていました。

宣言が延長された期間中の感染者数について最も多かったのは8月30日の33人で累計では70人となっていて減少傾向が見られますが台風の影響で検査結果がまだ出ていない分もあり不透明な部分も残されています。

玉城知事は緊急事態宣言を再延長した際、「これで終わりにしたい」と述べていました。

急事態宣言 あすの会議で検討へ