本島地方と宮古島地方では、8月31日の夕方6時以降、暴風域に入る見込みです。本島地方では9月1日の未明から、明け方にかけて宮古島地方では9月1日の未明にかけて最接近する見込みです。

一方、台風接近にともない県内の小中学校、高校ではこの後、暴風警報が発表され次第、すみやかに児童生徒らを下校させるとしています。

また、台風9号の影響で交通機関に運休などが出ています。県バス協会では、31日午後3時出発の路線バスから全線運休し、9月1日は始発から午前中にかけ全線運休すると発表しました。

一方、国頭村では30日の午前8時ごろ、村道で土砂崩れがあると住民から警察に通報がありました。土砂は、幅約3メートルにわたって崩れ、現在も通行止めが続いています。前回の台風で各地で地盤が緩んでいる所もあり、今後の土砂災害にも警戒が必要です。

台風9号 あすにかけて最接近