各地に感染が広がっています。那覇市の特別養護老人ホームで入所者と職員の、あわせて7人が感染、クラスターの可能性があります。

日赤安謝福祉複合施設に入る特別養護老人ホームでは施設の職員4人と入所者3人の感染がこれまでに判明しています。濃厚接触の可能性がある職員は自宅待機による経過観察となっています。日赤安謝福祉複合施設はショートステイを中止するなどサービスを縮小しています。

竹富町・西大舛高旬町長は「西表島全域の住民に置かれましては、このような事態を考慮し、不要不急の外出を控えていただきますようお願いいたします」と話していました。

バーベキューから派生した二次感染、感染拡大の不安が島の中に広がっています。西表島では新たに竹富町職員の50代男性と10代男性の2人の感染がわかりました。2人は7月27日にバーベキューに参加し、感染が判明した男性の親族で、二次感染に発展した格好です。

西表島の西部地区では週明けにも濃厚接触が疑われる人達の検体を採取できるよう準備が進められています。

特養ホームで7人感染 西表島では二次感染