首里城火災から約8カ月。玉城知事が6月25日首里城の正殿などのエリアを視察しました。

6月から一般公開が再開された首里城を訪れた玉城知事。火災から焼け残った大龍柱の今後の修復作業や首里城正殿の地下遺構の状況など再建に向けた工事の進捗状況を確認しました。

また、知事は火災で焼失した北殿が復元されるまで、女官居室や世誇殿などを改修し、飲食や物販などの休憩施設のほかVRや、シアター上映などの考えを示しました。県は沖縄美ら島財団と国の三者で協議を重ね、改修工事を進めていきたいとしています。

玉城知事が首里城の地下遺構など視察