4月、普天間基地からPFOSを含む泡消火剤が基地の外に流出した事故を受け、県は11日、普天間基地に立ち入り、土壌のサンプリングを行っています。

この事故は、4月、宜野湾市のアメリカ軍普天間基地から有害な有機フッ素化合物PFOSを含む泡消火剤が基地の外の河川や市街地などに流出したものです。

この事故を受け、県は、環境補足協定に基づき、土壌のサンプリングを行うため、11日朝から普天間基地内で立ち入り調査を実施しています。

11日に実施される土壌のサンプリングは、泡消火剤が漏れ出た格納庫を中心に複数箇所で実施される予定です。

泡消火剤流出事故 県が普天間基地で土壌採取