県内で新型コロナウイルスの感染が拡大していることを受け、玉城知事は、10日午前、県民に改めて感染拡大防止に努めるよう呼びかけました。

玉城知事「本日より県新型コロナ対策本部総括情報部を設置し新型コロナ対策の充実強化を図っている。県が取りうる最大限の努力を全力で傾注していく」

玉城知事は10日午前に会見を開き、新型コロナの感染拡大を受け、県の対策本部の中に『総括情報部』を新たに設置することを発表しました。

総括情報部は感染者が増加するなか、県の感染症指定医療機関だけでの対応が困難となることから、協力医療機関での患者受け入れなど医療体制への対応を15人の専任職員で行います。

玉城知事は8日から県外からの渡航自粛などを求めていますが、11日からの休日を前に3密空間を避けることや夜間の不要不急の外出自粛など、感染防止に努めるよう呼びかけました。

また、県は10日も新たに複数の感染者が確認されたことを明らかにしました。午後に詳細を発表する予定です。