先日開催されたボクシングの大会。リングの上には、父の思いを背負った若きボクサーの姿がありました。かつてプロボクサーとして活躍した父。その背中を見て育った息子、親子の新たな挑戦です。

父子鷹 リングにかける親子の挑戦

きのう糸満市で行われた「沖縄ボンバーファイト」。沖縄で今年初となった日本プロボクシングの公式戦です。7試合が行われ、県内外から詰めかけたボクシングファンの注目を集めました。

中でも3人が出場した県勢は、デビュー戦となった琉球ボクシングジムの宮里寿選手がTKO勝ち。そして東京の三迫ジムで腕を磨く宮古島市出身の狩俣綾汰選手がプロデビューから3連勝を達成。地元ファンからの喝采を浴びました。

そしてメインマッチに登場したのはこの大会が初めての主催となったボクシングクラブ・ナカザト所属の仲里周磨選手。プロ6年目で9勝1敗2分け。右こぶしのケガなどで試合の出来ない時期がありましたが、再びチャンピオンを目指すためのリングにはもう1つ、特別な思いがありました。

父子鷹 リングにかける親子の挑戦

仲里周磨選手「(所属ジムの)初興行というのは自分が勝ってこその成功だと思っていたので、そのプレッシャーとか重圧はけっこうあった」

この大会は、所属ジムの会長で父親の繁さんによる初めての自主興行だったのです。ボクシング父子鷹それぞれのチャレンジがありました。

チャンピオンベルトを目指し、地元沖縄での試合に臨んだ仲里周磨選手。セコンドについた父・繁さんは周磨選手の所属ジム、ボクシングクラブ・ナカザトの会長です。

繁さんは元プロボクサー。ハードパンチで東洋太平洋チャンピオンとして名を馳せました。世界王者に3度挑戦も及ばなかった悲運もボクシングファンの記憶に残ります。その名ボクサーが今回は初めて大会の自主興行にチャレンジ。沖縄で良い試合を見せてくれる選手を集めることにこだわりました。

父子鷹 リングにかける親子の挑戦

仲里繁会長「東京でやっているような(レベルの高い)ボクシングが沖縄でも見られたらなと。ボンバーファイトということで東京からも結構呼んでいる」

ボクシングの魅力を伝えたいと、息子・周磨選手の対戦相手は同じ国内スーパーフェザー級ランカー、上背と力ある選手が沖縄にやってきました。

身長178センチの長いリーチを生かして仕掛けてくる相手に対し、173センチの周磨選手は左でけん制しながら中に入り、自分の間合いに持ち込みます。

仲里繁会長「自分の距離を保ちながら(ふところに)入る瞬間だけ気を付けて。それだけ考えて試合させた」

仲里周磨選手「うまく自分のペースがはまって、自分のパンチが当たって相手のパンチは避けられるという、とてもいい展開」

会場のボルテージも上がり、優位に試合を進める中で迎えた第4ラウンド。

父子鷹 リングにかける親子の挑戦

強烈な右が相手ボディーに炸裂。見事なTKO勝ちを収め、大会を盛り上げると同時に、今後へのステップアップに成功しました。

仲里周磨選手「(父も)良かった!という感じで興奮していると思う。ほっとした。(ランキングを上げ)早くタイトルマッチを、日本でも東洋太平洋でもやりたい」

仲里繁会長「見に来ていただいて、皆様の力が勝利につながったと思う。とりあえずお疲れさまとおめでとうと。これからがスタート」

この勝利でランキングを上げタイトル挑戦に前進する息子に、ボクシングの醍醐味を伝えたい父。それぞれの立場で高みを目指す父子鷹。チャレンジは続きます。