IR汚職事件に絡み、中国企業の元顧問から現金を受け取っていた日本維新の会の下地幹郎衆議院議員が7日、離党届を提出しました。

日本維新の会の下地幹郎衆議院議員は、2017年の選挙期間中にIR汚職事件で逮捕された中国企業の元顧問から、現金100万円を受け取ったことを認め、7日付けで党に離党届を提出しました。

下地幹郎議員「これだけ大きく取り上げられるような状況でありますので、党のイメージを考えると早めの離党と。」

日本維新の会では8日午後、党紀委員会を開き、下地議員の離党届の扱いを検討することにしています。