座間味島沖で29日、ザトウクジラ2頭が観測されました。ホエールウォッチングの季節到来です。

時々、潮を吹きながらゆったりと泳いでいるのは、2頭のザトウクジラ。29日、座間味島の沖合で確認されました。

ザトウクジラは、繁殖と子育ての為に毎年12月下旬ごろに慶良間の海にやってきます。

撮影した座間味ホエールウォッチング協会の宮城清さんによると、昨シーズンは水温の影響からか、年明けまで姿を見せなかったということですが、2019年は平年通りの時期に現れたということです。

ホエールウォッチングは毎年1月後半から3月上旬がシーズンのピークだということです。

座間味沖でザトウクジラ2頭を確認