自民党の二階俊博幹事長が30日、沖縄入りし、焼失した首里城を視察しました。

30日正午前に首里城を訪れた二階幹事長は、奉神門を抜け、まだ一般公開されていない火災現場の首里城正殿などをおよそ15分間視察しました。

沖縄総合事務局の担当者からは、警察や消防による調査の状況やがれきの中の資材で再建に向けて活用できるものはないか専門家の意見を交え検討する予定などの説明がありました。

自民党二階俊博幹事長「再建に対して全力を尽くしたい。そういう決意を持って今日うかがっている。いま(火災)現場を拝見して改めてその感を深くしている」

二階幹事長は再建に向け国や自民党が先頭になり全力で取り組む考えを強調しました。

自民党二階幹事長が首里城火災現場を視察