続いては沖縄のお隣、台湾の様々な情報をお届けする「わんさか台わん」です。きょうはこの時期の話題を。

子どもたちが夢中でつくっているのはおいしそうな お菓子の家。たくさんのクッキーや綿あめなどを使って壁や屋根を完成させました。屏東県(へいとうけん)にある教会が主催したこのイベント。クリスマスシーズンに合わせて開かれました。

参加者「こうして飾りを完成させたら、さらに素敵になりましたね。規模も大きていいですね。」

お菓子の家が並ぶ街

お菓子の家が並ぶ街ができあがり光が灯されるとメルヘンチックな世界に・・・。クリスマスの足音が聞こえてくるようですね。

一方、高雄市(たかおし)の公園では光るブランコやシーソーなど、遊びながら楽しめるイルミネーションが行われています。なかには幻想的なプロジェクションマッピングやライトショーもあり、冬の雰囲気を楽しめます。台湾もクリスマス一色。みなさんはどんな1日を過ごしますか?

遊びながら楽しめるイルミネーション