沖縄高等特別支援学校では、生徒らの育てた野菜や手作りの陶器などを販売・展示する沖高特祭が行われています。2019年で29回目を迎える沖高特祭には毎年800人ほどが訪れるといいます。

毎年完売する野菜の販売ブースには、オープン直後から大勢の人が訪れていました。体育館に設けられた木工品の販売ブースにはたくさんの商品を購入する人の姿も。

訪れた男性は、「しっかり作りもいいですし丈夫なので、デザインも気に入っていていいのかなと思います」と話していました。

ケーキやクッキーなどの販売ブースもある沖高特祭は2019年12月8日午後2時までです。

2019年で29回目を迎える沖高特祭には毎年800人ほどが訪れるといいます。