金城キャスター「楽園の海、案内は水中ビデオカメラマンの長田勇さんです。今回のテーマは『恩納村で海の宝石ウミウシ探し』です」

長田さん「今回は、小さなウミウシを探すために、恩納村で潜ってきました!」

金城キャスター「いろんな模様があってかわいいですよね~。早速見ていきましょう!!」

長田さん「町田宗菊(むねあき)船長が操船する、菊丸に乗って海へ。今回、ウミウシ探しのサポートを、ブルーリーフの横田さんにお願いしました」

金城キャスター「よろしくお願いします」

楽園の海 恩納村で海の宝石・ウミウシ探し

長田さん「ウミウシを探す場所って、このようにサンゴも少なく、ちょっと寂しげな所が多いんです。岩とにらめっこしている横田さんが、じ~~~っと見つめる先には・・コールマンウミウシです。(3.5cm)」

金城キャスター「わぁ!!ウニのトゲに刺さりそう!!」

長田さん「ウミウシには目のついている種類とついていない種類がいるんですけど、どちらにしてもほぼ見えてないと言われています。なので、このような場面でも前に進もうとするんですね。」

金城キャスター「痛そうですが・・・」

長田さん「痛覚があるか分からないので、刺さっても痛くないのかもしれません」

金城キャスター「あきらめて引き返しましたね。よかった」

楽園の海 恩納村で海の宝石・ウミウシ探し

長田さん「続いては・・4mmしかないクロフチウミコチョウ」

金城キャスター「どこにいるんですか」

長田さん「黄色と黒の模様をしたこちらです。私の人差し指と比較すると、大きさがよくわかりますよね」

金城キャスター「ほんとだ!!かわいい♪」

長田さん「そして思いの外スピードが速い!!」

金城キャスター「たしかに・・・小さいのに動きが早い生物ってたくさんいますよね~」

長田さん「そうですね。ゆっくりしてくれると、撮影しやすいんですがね~。続いてはこちら!!」

金城キャスター「わかりましたよ♪黄色くて綺麗なウミウシ!!」

楽園の海 恩納村で海の宝石・ウミウシ探し

長田さん「そうです。こちらは、イガグリウミウシ。(2cm)体についているイボの先端がピンク色」

金城キャスター「ワンポイントがかわいいですね~」

長田さん「そうですね♪岩についた海藻を食べているようです。つづいては、サガミリュウグウウミウシ。(6cm)」

金城キャスター「つよそうですね~」

長田さん「近くにあったチャツボホヤが気になるのか、しばらく頬をスリスリしてました」

金城キャスター「マーキング」

長田さん「どうでしょう・・・そして横田さんの前を、ひらひらと泳ぐ生き物が。ウミウシと近い種類のヒラムシです。(ヨイミヤミノヒラムシ体長3.5cm)」

金城キャスター「体をくねらせて、上手に泳ぎますね~。ところで、ウミウシは泳げないんですか?」

楽園の海 恩納村で海の宝石・ウミウシ探し

長田さん「ヒラムシと近い種類なので、泳げるウミウシもいるんですよ。こちらのヒオドシユビウミウシ。(5cm)触覚の下に黒い目もついてます」

金城キャスター「特撮ヒーロー番組の悪い敵役で出てきそうないでたちですね。このウミウシが本当に泳ぐんですか?」

長田さん「はい。その時をじーーっと待ちます。そしてついに・・・泳ぎ始めました!!」

金城キャスター「わぁ!!!すごい!!!」

楽園の海 恩納村で海の宝石・ウミウシ探し

長田さん「この一回のみしか泳いでくれませんでした。さて続いてはムラサキウミコチョウ(8mm)北海道で見られるクリオネに似ていることから、とても人気があります」

金城キャスター「たしかにひらひらが似てますね~。まさかこのウミウシも・・・」

長田さん「泳ぎます。体を動かして、泳ぐ準備してますよ」

金城キャスター「ワクワク♪」

長田さん「ようやく泳ぎ始めました!」

金城キャスター「わぁ♪本当にクリオネみたい」

長田さん「可愛らしいですね~~。とってもいい光景が見られました」

長田さん「海の宝石と言われているウミウシですが、いかがでしたか?」

金城キャスター「本当にいろいろな形や色、行動など新しい発見がたくさんありました」

長田さん「そうですよね~。沖縄の海では年間通して見られる生き物なので、ダイバーの方は、ぜひ探してみてください!」

金城キャスター「今回も貴重な映像ありがとうございました。以上、楽園の海でした」