嘉手納基地の北側滑走路が使用再開

米軍嘉手納基地の北側滑走路の補修工事が終了し、29日から、使用が再開されました。

沖縄防衛局によりますと、嘉手納基地の北側滑走路では、2019年1月から補修工事が実施されていましたが、米軍は29日から使用を再開しました。

滑走路では早速、C130輸送機がタッチアンドゴーの訓練をしている様子が確認できました。

ところで嘉手納基地では、29日午前、航空自衛隊那覇基地所属のF15戦闘機が、機体トラブルで緊急着陸しました。航空自衛隊によりますと、車輪を格納する扉が閉まらなかったため、着陸したということで、現在、トラブルの原因を調べています。