海洋博でカメ教室

ウミガメの生態についてもっと知ってもらおうと、15日、本部町の海洋博公園で自然教室が開かれました。これは、沖縄周辺に生息するウミガメの生態についてもっと知ってもらおうと開かれたもので、およそ80人が参加しました。

自然教室では、担当者が沖縄周辺に棲むウミガメの種類やその違いについて解説したほか、ウミガメの生態について説明しました。そして、今年生まれたばかりのウミガメを真近で観察したり、実際にウミガメを手に持つなどして触れ合いました。

この自然教室、次回は美ら海水族館の魚についての講座を予定しているということです。