立憲民主党が沖縄県連立ち上げ

衆議院で野党第一党の議席を持つ立憲民主党が、沖縄県連を立ち上げ、辺野古に基地は造らせないとの考えを明確に打ち出しました。

立憲民主党沖縄県連の代表には有田芳生参院議員が就任しました。会見には党本部の枝野幸男代表も同席。

枝野代表は、去年の総選挙では、県内に党の組織がないにも関わらず、比例票でおよそ9万5000票の支持が得られたことなどをあげ、県連設立に至った経緯を説明しました。

また立憲民主党がこれまで「ゼロベースで見直す」という表現にとどめていた辺野古新基地建設について、枝野代表は、次のように述べました。

枝野代表「普天間基地を返還、そして辺野古に基地を造らない。同時に日米安全保障体制はしっかりと堅持をする」と話していました。

また一騎打ちの構図が固まった県知事選挙については、出馬表明した玉城デニー氏を支援する考えを明確に示しました。