職場検診での異常発見 沖縄ワースト1 沖縄労働局は1日、職場の健康診断で異常があった割合が、沖縄県は7年連続で全国最下位だったと発表しました。 沖縄労働局によりますと、県内1020の事業所の健康診断の結果報告から、何らかの異常が見つかった割合、「有所見率」は64.7%で、全国平均を10ポイント以上上回り全国最下位だったことがわかりました。 項目別ではコレステロールの値を測る血中脂質検査での有所見率が最も高く、約4割の人に何らかの異常が見つかっています。 業種別では「運輸交通業」が72.6%と、最も高い結果でした。労働局では、全国との差を7ポイント以内にすることを目標に、健康診断の定期的な実施や、事業者への指導を徹底するとしています。