ことし5回目のパラシュート降下訓練

うるま市の津堅島沖で、米軍によるパラシュート降下訓練が行われました。

うるま市の津堅島沖では、午後0時半ごろ、米兵5人が上空の機体からパラシュートで降下する様子が確認されました。

沖縄防衛局は17日、県に対してパラシュート降下訓練の実施が米連邦航空局の航空情報ノータムで通知されていることを伝えていて、県基地対策課が防衛局に対し、実施しないよう働きかけることを要請していました。

パラシュート降下訓練は、2018年に入って5回目です。