緑ヶ丘保育園父母会が市長へ陳情書

2017年12月、敷地内で航空機部品が発見された宜野湾市の緑ヶ丘保育園の保護者らが、日本政府と米軍に対し、保育園上空での飛行禁止を求めるよう宜野湾市に要請しました。

宜野湾市役所を訪れた緑ヶ丘保育園の保護者らは、佐喜眞宜野湾市長宛の文書を提出しました。市長に代わって対応した松川正則副市長は「普天間飛行場の即時閉鎖を求める」と回答。保護者たちは、できることから対応してほしいと訴えていました。

知念有希子副会長は「閉鎖とかを求めてるわけじゃない。そんな大きい枠組みじゃなくて、とにかく飛行ルート外の上空を飛ばないでほしいだけ。私たちからすれば、最初に助けてもらえる市が、動いているように見えない」と話していました。

部品発見をめぐっては、米軍が米軍機の落下物だと認めていない中、逆に被害を訴える保育園側に誹謗中傷が寄せられる事態になっていて、日米両政府の真摯な対応が求められています。