宮古で全戦没者追悼式

慰霊の日の23日、宮古島市でも戦没者の追悼式が行われました。追悼式では、正午の時報に合わせて出席者全員で黙祷が行われました。

そして宮古島市戦没者遺族会の川満俊夫会長が「御霊の犠牲を無駄にしないためにも、温かい社会づくりに頑張っていきたい」と、追悼の言葉を述べました。

その後、代表の児童や生徒が平和を考える作文を読み上げました。

追悼式では、最後に参加者一人ひとりが献花台に花を供え、平和への誓いを新たにしていました。