AIで振り返る戦後の沖縄

県内の新聞社が撮影した戦後の白黒写真をAIがカラー化した写真展が23日から那覇市で開かれています。

1948年から1980年頃までに撮影された沖縄の風景が並ぶ『カラーでもっとあんやたん展』。戦後の記憶を次の世代につなげたいと、東京大学や早稲田大学の協力を得ながらAI=人工知能の技術を用いて色付けした80枚が展示されています。

こちらは1970年に撮影されたコザ騒動の写真です。アメリカ兵の車などから赤々とした炎が立ち上る様子が鮮明に写し出されています。また、こちらはたい焼きブームが起こった1976年の写真です。

たい焼きの焼きあがりを待ちわびる子どもたちの笑い声が聞こえてくるようです。この写真展は27日日曜日まで開催されています。