ハンセン病に対する差別なくして ハンセン病に対する差別をなくそうというイベントが19日、那覇市で開かれました。このイベントは研究者や弁護士で作るハンセン病市民学会が開いたものです。 この中で、琉球大学法文学部の森川恭剛さんは沖縄戦に備え、日本軍が患者の隔離政策を強化したこと、これがアメリカ軍統治下に一層強められたことが差別や偏見を助長させたと指摘しました。 現在、全国にいる元患者の家族568人が国の隔離政策によって患者だけでなく、家族も差別を受けたとして国に謝罪と賠償を求める裁判を起こしています。 市民学会によると原告の4割が沖縄在住ですが、地域や職場での差別を恐れ名乗り出ることができないということでハンセン病に対する正しい理解を求めています。