元海兵隊による女性殺害事件の遺族がコメント

2年前、元海兵隊員による暴行殺害事件で死亡した20歳の女性の遺族がメッセージを発表しました。

事件は2年前の4月、うるま市で当時20歳の女性が元アメリカ海兵隊員ケネス・シンザト被告に殺害され、恩納村の雑木林に遺棄されたものです。

事件からことしで2年。4月26日、女性の父親が「娘を失って2年になります。今でも恩納村に献花に来て下さる県民、他県民のみなさま、又遺族を支援して下さる皆様に感謝申し上げます。今も娘を思いながら手を合わせ、供養している日々です。生きていてほしかった。かわいい笑顔を見たかった。悲しいです。悔しいです。私たちが娘にしてやれるのは、痛み、苦しみをなくし、成仏させてあげる事です」とコメントを発表しました。

遺族は近く、遺棄現場で花を手向ける予定です。