米軍また小学校上空を飛行か

最大限飛ばないと約束された学校上空での飛行が確認された普天間第二小学校の上空で、1月23日午後、再び、学校の上空と疑われるヘリの飛行が確認されました。

これはQABの取材カメラが午後5時7分に普天間第二小学校と普天間基地を分ける境界線付近で捉えた映像です。

普天間基地から飛んできたヘリ1機が境界線のフェンスを越えて運動場の上空に差し掛かったように見えたあと、急旋回して南西方向へ飛び去るのが確認されました。

直後には、学校の敷地内にいた監視員が、監視カメラに駆け寄り、何らかの作業を始めましたが、学校の真上の上空飛行が確認されたのかはまだ明らかになっていません。

また午後3時半頃には別の2機でこうした上空飛行があり、沖縄防衛局が委託した複数の監視員が「僕の上を100%通ったと思える」「そう見えたけども何とも言えない」などと証言していました。