生徒達の力作ずらり 宮古地区中学校総合文化祭

宮古地区中学校総合文化祭が11日に開幕し、生徒たちの日ごろの学習の成果が披露されています。

2017年で23回目を迎えた宮古地区中学校総合文化祭。会場となった宮古島市の中央公民館には、宮古地区の15の中学校と特別支援学校の生徒たちの作品、およそ1200点が展示されています。

作品は絵画や書道、工芸、それに職場体験や夏休みの自由研究のまとめなどで、日ごろの学習で取り組んだ力作がずらり。会場を訪れた家族や親せき、市民らが熱心に見入っていました。

この中学校総合文化祭は、あす12日まで開かれています。