台風22号 交通への影響

台風22号の接近に伴い、公共交通機関などへの影響が出ています。

空の便では那覇空港を発着する国内線・国際線であわせて303便が欠航し、少なくとも3万5000人以上に影響が出ています。札幌から観光で来た人は「きょうの午後1時すぎの便で帰ろうと思ったんですけど、欠航になっちゃったので、羽田空港経由で帰ろうと思ってるんですけど…」と話し、埼玉に帰る人は「きのうも(空港に)来て4回目、行ったり来たりしている」と話していました。

また、モノレールやバス、離島を結ぶ海の便も運休や欠航を決めたほか、沖縄自動車道は午前9時すぎから全面通行止めとなっています。

停電も発生しています。うるま市で1310戸、東村で490戸など、11時現在、県内各地でおよそ3940戸が停電しています。

けが人も出ています。那覇市と宜野湾市でけさ、強風にあおられて転倒し男性2人が軽傷です。