サンゴ保全と海上搬入で協議求める行政指導

翁長知事が沖縄防衛局に対し、辺野古での工事停止を指示する行政指導です。県によりますと行政指導は、午後3時ごろに沖縄防衛局に通知したということです。

絶滅危惧種に指定された希少なサンゴが発見されていたことが報告されたことを受け、工事を止めたうえで環境保全対策について県と協議をやり直すよう求めているということです。

また、工事に使用される石材について、造成途中の護岸からの搬入を行う計画が明らかにされたことについても、協議のやり直しが必要だとしています。