沖縄ファミマ350店舗展開を目指す

2017年、創立30周年の沖縄ファミリーマートが2018年末をめどに350店舗展開を目指すと発表しました。

9月26日のエリアフランチャイズの再契約締結会見で沖縄ファミリーマートの野崎真人社長は、2018年末をめどに県内で350店舗展開を目指すことを発表。2年後に県内進出するセブン‐イレブンについても触れ、「脅威だが、30年間の経験と歴史で戦っていきたい」と語りました。

またこの日、記念の新キャラクターも「フラチキ先輩」もお披露目され、会見場を沸かせていました。「フラチキ」先輩は今後県内のCMなどでお目にかかかれるということです。