オスプレイ墜落 名護市長「矛盾を確認すべき」

名護市のオスプレイ墜落事故。稲嶺名護市長は「矛盾を確認すべき」と政府の姿勢を批判しました。

稲嶺名護市長は会見で「納得はいかないというか。(防衛省は)米軍が発表したからそうだと。そのままうのみにして発表すると。(本来は)こういう矛盾を確認すべきじゃないかと」話しました。

稲嶺市長は、事故が発生した場所が当初、連絡があった訓練空域ではなく、空域から外れた与論島の沖合だったにもかかわらず、こうした矛盾点を追及しない政府の姿勢を批判しました。また、事故原因が「パイロットのミス」とされた点も、緊急着陸が相次いでいて「機体に不具合が起きていると思わざるを得ない」と指摘しました。