那覇空港事故で自衛隊が謝罪

7月26日、那覇空港で自衛隊のF15戦闘機が部品を落下させ、滑走路が一時閉鎖され、民間機が欠航するなどの影響が出た問題で、27日に自衛隊那覇基地の指令が県を訪れ謝罪しました。

県庁を訪れたのは航空自衛隊那覇基地の川波清明指令です。

対応した県の富川副知事は「F15戦闘機は今年1月にも車輪が外れる事故を起こしていて、県民に不安を与えているほか、沖縄観光のイメージも損なわれる」として原因究明と情報の提供を要請しました。

これに対して、川波指令は「県民の皆様にご心配とご迷惑をおかけして申し訳ありません」と謝罪し「原因究明と再発防止に全力を尽くしたい」と語りました。