名護市長選自民候補に渡具知氏

2018年1月に予定されている名護市長選挙で、自民党名護支部は27日に幹事会を開き、名護市議の渡具知武豊さん(55)を擁立する方針を固め、31日の選考委員会で決定する方針です。

関係者によりますと、27日午後、自民党名護支部で開催された幹事会では、渡具知さん本人から出馬への意思表明もあり、拍手が送られたということです。

市長選の候補者選考をめぐっては7月、出馬を要請していた北部地区医師会の宮里達也さんが辞退を表明していました。自民党名護市支部候補者選考委員会の末松文信委員長は、31日の選考委員会で渡具知さんに決定する意向を示しました。