第2滑走路工事進捗率3割に

3年後の供用開始を目指す那覇空港第2滑走路の増設事業。工事は急ピッチで進み、進捗率は現在30%に達しています。

那覇空港拡張整備促進連盟は14日、第2滑走路の工事現場を視察し、沖縄総合事務局職員から工事の概要や進捗状況の説明を受けました。

工事は6つの工区で同時並行で進められていて、第2滑走路工事と、2つの滑走路をつなぐ通路の工事が急ピッチで行われています。

那覇空港拡張整備促進連盟の石嶺伝一郎会長は、「着実に進んでいるということで、経済界としては2020年3月の運用開始について期待したいと思います」と話していました。