奄美や琉球の世界自然遺産への登録を目指し、JTAが飛行機に沖縄の希少な生き物を描きました。いったい何が描かれたのでしょうか。

機体にはイリオモテヤマネコ。前回のヤンバルクイナに次いで第2弾となります。デザインした塩崎綾香さんは「一人でも多くのお客様にイリオモテヤマネコの存在を知って頂いて、保護の意識を持って頂きたいです」と話していました。

この機体は、15日の羽田発石垣行きの便でお披露目されるということです。JALグループではプロモーション動画の機内放送や、やんばるの森のクリーンナップ活動を通して登録を応援するということです。