高校生が建設現場を見学

建築を学ぶ高校生たちが学校を飛び出し、実際の建設現場を見学しました。見学会に参加したのは、沖縄工業建築科の生徒120人です。

生徒たちは、バスターミナルなどの再開発が進む複合施設の建設現場に入って、使用する資材や天候が日々異なるため作業も複雑化しリスク管理が重要なことや事故を起こさないための心得などを学びました。

生徒たちは「暑い中、ガス溶接を使って溶接したりとか、思ったよりも大変だなと思いました」「(現場で働く人たちが)とてもかっこよくて、自分も将来こんな大きい現場の監督になれるように今から勉強頑張りたいと思います」などと話していました。

現場関係者たちは「自信を持って建設業の世界に飛び込んでほしい」と生徒たちにエールを送っていました。