嘉手納基地パラシュート降下訓練に抗議相次ぐ

10日にアメリカ軍が行った嘉手納基地でのパラシュート降下訓練について、富川副知事がアメリカ総領事館を訪ね抗議しました。

12日午後、アメリカ総領事館を訪ねた富川副知事は「SACO合意を無視した訓練の実施が常態化することは断じて許すことができない」として、嘉手納基地での降下訓練を行わないよう抗議しました。

取材に対し富川副知事は、「総領事の範囲として立ち入る権限はないけどできるだけ、そういうことに関しては説明責任を果たしていきたいという旨の返事をいただきました」と答えました。

また県議会のアメリカ軍基地関係特別委員会のメンバーらも、12日朝、沖縄防衛局を訪ね、降下訓練などに関する意見書と抗議決議文を手渡しました。

一方、稲田防衛大臣は12日の閣議後の会見で降下訓練について遺憾の意を示した上で、「米側から十分な説明もなく、事前に日米で認識を共有するに至らないまま、嘉手納飛行場で訓練が行われたということは大変遺憾なことでもある」と話しました。

さらに稲田防衛大臣は今回の訓練が「例外的な場合にあたらない」という考えを示し、引き続きSACO合意に沿って、伊江島飛行場での訓練実施を求めていくとしています。