国頭・東村長 菅長官に財源維持など要請

北部訓練場の一部返還を受けて、国頭村と東村の村長らが18日、菅官房長官と面談し、返還後の財源維持などを求めました。

伊集盛久東村長は、「返還後の北部訓練場の運営については、住民と向き合った訓練をして頂くよう切にお願い申し上げます」と菅官房長官に要請しました。

また、両村長らは、北部訓練場の一部返還に伴い減額される交付金の財源維持や、オスプレイ運用後の飛行ルートの順守、返還された北部訓練場の一部を国立公園に組み込むといった振興への対応を求めました。

菅官房長官は、「返還後の財政措置について、皆さんからご協力頂いて返還出来たと思うので、そうした思いは、確実に実現できるように考えている」と回答しました。