任期満了に伴う宮古島市長選挙が15日に告示され、現職、新人、合わせて4人が立候補を届け出ました。

宮古島市長選挙に立候補しているのは、届け出順に、無所属新人の奥平一夫さん(67)、無所属で現職の下地敏彦さん(71)、無所属新人の下地晃さん(63)、無所属新人の真栄城徳彦さん(67)の4人です。

立候補を届け出た4人は、その後市内で街頭に立ち、支持を訴えました。

奥平一夫候補「翁長県政と連携できるのはこの奥平一夫しかいないと思います。」

下地敏彦候補「あと4年間この島の経済を一緒に支えあってまいりましょう。」

下地晃候補「皆さんのエネルギー、パワーを背に受けて一生懸命に頑張ることを決意いたします。」

真栄城徳彦候補「新しい宮古島市づくり、新しい市政運営に向けて頑張ろうではありませんか」

宮古島市長選挙の投票日は22日・日曜日で、即日開票されます。