ことしのミス沖縄が抱負語る

2017年、沖縄観光を国内外にPRする新しいミス沖縄の3人が1年の抱負を語りました。

5日にQABを訪れたのは新たにミス沖縄となった3人。2016年11月の選出大会で、65人の応募者の中から選ばれました。

ミススカイブルーの嘉数晴花さんは「ウチナーンチュの代表として、県外海外へあたたかい風をお届けして参ります」、ミスコバルトブルー町田満彩智さんは「ミス沖縄の活動を通して、イチャリバチョーデーの心をお届けしたいと考えております」、ミスクリーングリーングレイシャスの島袋愛梨さんは「一度訪れるとまた何度でも帰ってきたくなるようなあたたかな風を海外県外へお届けしたいと考えております」とそれぞれ抱負を述べました。

3人は1年間、沖縄観光大使として国内外を飛び回ります。