翁長知事 辺野古阻止に向け決意

県庁では、任期の折り返しを迎えた翁長知事が年頭のあいさつで、辺野古の新基地建設阻止に向けた決意を述べました。

翁長知事は「辺野古に新基地を造らせないということを県政の柱とし、県の有するあらゆる手法を用いて取り組むとともに、普天間基地の閉鎖・撤去、オスプレイの配備撤回と言う公約実現に向けて取り組む」と話しました。

また元海兵隊員による女性暴行殺害事件や、年末のオスプレイの墜落事故に触れ「過重な基地負担の軽減には程遠い」と指摘しました。

一方、自立型経済の構築や子どもの貧困対策など、引き続き取り組みたいと語りました。