泊魚市場で初競り

4日は新年の仕事始め。那覇市の泊魚市場では初競りがあり、仲買人たちの威勢の良い声が響きました。

那覇市の泊魚市場では、午前5時半から初競りが始まり、仲買人たちが威勢の良い声を響きわたらせ、お目当ての魚を競り落としていました。

市場には水揚げされたばかりのトンボマグロやメバチマグロなど、総重量約45トンの魚がずらっと並べられました。

沖縄県漁業協同組合連合会の浦崎政伸市場課長は「県民の皆さんに出来る限り安全なマグロ類、鮮魚類を供給できたらと思います」と話しました。

ことしの初競りの最高値は約56キロのメバチマグロ。通常の3倍となる1キロ6000円のご祝儀相場となりました。